プレゼントにするものや時期

プレゼント

おもちゃ

木のおもちゃは0歳から5歳までが対象にされていることが多くなっています。ですので、小さいこどもがいる家庭に誕生日プレゼントとして送りものをするならこういったものを購入するのも良いでしょう。

お人形

日本では女の子が生まれたら雛人形を渡すという習慣があります。3月3日がひなまつりとなっているので、親せきや家族に女の子がいるのなら1カ月前までにプレゼントするといいかもしれません。

小学生に進学するなら

ランドセルは通常のものや牛革のものに関わらず新作が1年も前から発表されているのです。ですので、その時期から目母児をつけておくことで、子供に最適なものを渡すことができるようになるでしょう。

買うだけじゃない

通販ではただ買うだけのシステムしかないと思われていますが、実は注文した商品を綺麗に包んでもらうこともできるので、他にどういったサービスを受けることができるのか、見てみると良いでしょう。

通販でのサービス

  • ラッピング
  • メッセージカード付き
  • 送料無料

愛しいあの子に出産祝いをプレゼント<タイミングを学ぼう>

子供

すぐに駆けつけるのはダメ

赤ちゃんが生まれたという一報が入ってからすぐに病院に向かいたい気持ちはわからなくもないですが、体調がすぐれていない場合もあるのです。そういった場合は、治療をすることになり、子供も母親も出産祝いどころではなくなるので、生後1週間が過ぎてから贈るようにすると良いでしょう。

花

タブーなもの

出産祝いとしていろいろなアイテムがありますが、日本茶は弔辞で用いられることが多いことから避けられています。他にも、ハンカチは涙を拭くことから別れを指すといわれており縁起がいいとは言えません。そして、縁を切るということから刃物類も好まれていないので、注意するべきです。

ギフト

お見舞いに行く時

特に初めての出産の場合は母親が混乱している可能性が高くなっています。そこで、大人数でお見舞いにいくと心に余裕がなくなってしまうので、代表を決めて出産祝いを渡すと良いでしょう。また、長いすると母親に気を遣わせることになるので、30分以内には帰るようにするのがマナーです。

フラワー

宅配が良心的

育児で忙しいと自宅の掃除にまで手がまわらないことが多く、人を家にあげられる状態ではないと言えます。ですので、宅配で出産祝いを贈ることによって、迷惑にならずに「おめでとう」を伝えることができるでしょう。

広告募集中