ランドセルの素材は牛革を選ぼう【誰でも手が出しやすい価格】

進化したランドセル

従来では一定のサイズのものしかありませんでしたが、現代では利便性を考慮したタイプのランドセルがたくさん登場しています。ですので、どういったものがあるのか事前に知っておくのが賢明です。

選ばれる機能性

軽さ

ランドセルだけでも重さがあり、更に教科書や体操着、リコーダーなどを入れると子供の体に負担がかかってしまいます。しかし、軽さを重視したアイテムであれば、軽々持つことができ、腰や方に負荷がかかることがありません。

大きさ

最近では大きめなクリアファイルやドリルなどを入れることができるようなランドセルが多く出回っています。それなら他の袋を持たなくてもいいので、かさばることがありません。また、こけた時に手で顔を守ることができるでしょう。

調整できる

小学生は特に子供の身長や体重に変化が表れやすい時期となっているので、5段階ほどサイズを変えることができる機能があればグッドです。そうすれば、買いなおさなくても6年間使うことができるでしょう。

防水加工

登下校中に突然雨が降ってしまい、ランドセルが濡れてしまっても防水加工がしっかりされていれば壊れることがありません。ですので、革製品であっても無くてもこのような機能がある商品を購入するべきです。

ランドセルの素材は牛革を選ぼう【誰でも手が出しやすい価格】

子供たち

意外と安い

牛革のランドセルは昔では10万を超えた物が多くなっていましたが、最近では5万円を下回る物が多くなってきています。ですので、無理なく注文することができるようになっています。

保証付き

丈夫と称される牛革の製品ですが、使い方によってはメンテナンスが必要となってくる場合があります。しかし、6年間もの間保証が付いていれば無償でランドセルを直すことが可能となっているのです。

買い方

  • 店舗
  • 通販
  • カタログ

広告募集中